2010/08/11

奥サマ事変(2)放射能は巨大化するんですよね


mixiトんでますね。さてさて、奥サマの続きです。

バセドウ病の詳細はネットにありますので、私がお医者さんと話した範囲でのお話を。
甲状腺という器官がありまして、そこからホルモンが分泌されております。詳しくはわかりませんが体の代謝を司るホルモンを分泌しているそうで、このホルモンの分泌バランスが崩れると体調に大きく影響するそうです。

バランスというのはまぁ多いか少ないかということですが、バセドウは前者の多い方で代謝が異常に活発になるほうです。お医者さんのたとえによれば「体が常に小走りしている状態」だそうです。そりゃ疲れるわな。状態が長く続くと当然体の負担も大きくなりますから早々に治療が必要となるわけです。

治療方法としては、甲状腺を無くしてしまってホルモンの分泌を止めることですが、実施手法として病院から提示されたのは次の二つ
●手術での甲状腺の切除
●放射線治療(アイソトープ(放射性物質)摂取で甲状腺を破壊)
なんです。手っ取り早いのは手術で切るなんですが、実は奥サマこの病気は二回目で、昔に一度やってまして、その際に手術で甲状腺を半分位か切除してるんですね(術後は未だあります)。今回は再発なのでもう一回手術はちょっと不安だなって事で今回は放射線治療を選択しました。

↑決して、放射線→放射能→巨大化→ゴ●ラ奥サマとか思ってアイソトープ(マーカライトファープに音が似てる)にした訳じゃないからねっ!