2009/09/30

インフォームド・コンセント


というわけで、次の日には奥サマは入院・手術ということになりまして。
曲がってますが家長で夫なので一緒にお医者さんの説明を聞きましたよ。
最近はインフォームド・コンセントということで結構詳しく説明してくれますから、人の事やと勉強にもなるし悪くないのですが、これ自分の事として聞くと相当むずかゆい事なんじゃないでしょうか。実際の患部の写真や治療法を図解したフリップなどいろいろ使ってくれますから、何をするかはよく変わりましたが。

まー何でしょうか、お医者さんもそんなにムード作って話すと怖くなるからでしょうがトークののりが微妙なんですねー。アゲてんだかオトシてんだか、不安にさせてるのか安心させててるのか、ジョークかマジか。そこんところがはっきりしないのでこっちのリアクションにも困ってしまうしツッコミ入れるわけにもいかんしねぇ。

私がよく手術してた頃はここまで説明もらってなかったのでまな板にのってびっくりということが多々ありましたからずいぶんましになったんでしょうがw