2008/04/22

クマどう-和歌山編:のどかな出だし


よし、今回もPhotoboxらしいサムネイルで。この一コマ目の写真を合成するのを忘れてて、いままで更新でけませんでした。
しょっぱな大ダッシュで大汗かいてなんとか特急くろしお号に乗り込めました。
特急といわれるとなんとなく指定席を買ってしまう私ですが、今回考えたら人出のピークは過ぎてるんやから自由席でも大丈夫やったね。とった指定席が禁煙やったので、煙草吸いに手近な自由席喫煙車両に入ったら空っぽ。

くろしおの客車は基本左右二列配置ですが、何故か真ん中あたりに通路側だけ一列という座席配置になっていました(不思議)ので、その後ろの座席窓側に座ると思いくそ足が伸ばせる(ほら、足長いから)のでそこでぐた〜っとだらけて一服。

誰もおらへんし、天気はいいし、貸し切り車両で王侯貴族の気分(おおげさか)。

まもなく検札の車掌さんが来て↑上記のように普通に世間話を楽しみました。まーとにかく乗客が少なかったので車掌さんも余裕ありありで、暇に任せて話しかけるおっさんにいやがるでもなく普通に相手してくれて、いいひと。
時期的に春休みも終わって、花見も盛りを過ぎてるのでめっきり少なくなったと言うことで、いい時期に乗れたなぁと思いましたね。

それでも天王寺からはそこそこ人が乗ってきたので、王侯貴族気分も小一時間の話でしたがね。
次回から和歌山上陸、物見遊山が始まりますよ。すでに関係各位のサイトで紹介はされてますが「クマどう」ならではのアレンジをお楽しみください。