2011/11/02

こびと探しの転機


ムスメのコビト好きは一時期ほどの熱は冷めましたが、結構地味にブーム残ってるみたいです。買った大百科も他の本よりは手元に置いてますからまぁ価値はあったようです。

このコビト本のシリーズって結構沢山展開していて、絵本やDVDもありますね。コビトの造形を中心に架空のワールドを構築してメディアに展開しているのでそれぞれの設定がしっかりしているのと、立体もあるので微妙なリアリティも加わって面白いんですね。

最初はコビトを見つけてフィールド観察するんだと勝手に思い込んでいたのですが、どうも目的は「捕獲と飼育」だったようです。確かにシリーズ本の中に飼育の本もありました。なんか「○○ちゃんは捕まえて飼ってる」とか恐ろしいことを言ってましたから、「捕獲と飼育」はステイタスのようです。

本にエサとか習性とか載ってるので、参考にすれば捕獲できるんだろうなーw。こっちの感覚としてはコビトは「妖精」のような認識なので、頭から捕まえるという気持ちがまったくなかったのです。彼女たちは捕獲前提で探しに行ってるわけです。

モンハン世代っちゅうことでしょうかね。