2011/07/06

前衛と抽象と…


梅雨が明けきらないからか、暑かったり寒かったりの気温の差が激しすぎてコンディションが思わしくない今日この頃です。
ひたすら仕事するばっかも楽しくないし、仕事量と売り上げが比例するわけでもないのでほどほどにしないときついですから、散歩や買い物に出ることもままありますが、どうせならと美術館に行くこともあります。

見に行くジャンルは特にこだわらないのでそのときの面白そうなモノってパターンが多いです。京都は岡崎公園エリアに美術館が集中しているので、そこいらへ行って散歩がてら何やってるか見て回れって決めればいいので楽です。モチロン人気や話題のイベントは行くようにしていますが、たまたまな発見もまたよしです。

古典もいいですが、最近は結構モダンアートを見る機会が多いですね、やはり今のグラフィックに近いから参考にもなるしって感じですね。特に配色は自分が苦手なので色々なアーティストのカラーセットを吸収することが自分にとって最重要だったりします。フォルムやレイアウトはまねすぎると良くないですが、カラースキームは全く同じにはならないので吸収しやすいノウハウだと思います。

ただまぁ子どもから見ればどんなアートでもねー、こんなもんです。