2011/03/16

京都のはずれから節電を叫ぶ(スイッチオフのチェックは念入りに)


地震そのものに関しては何も申しません。
今から、これからさらにがんばって行こうと再度心に刻むばかりです。
現地には行けないし、行ったとしても阪神淡路大震災の時のように肝心な作業の邪魔になるようなことになるのは確実でしょうし。あの時も社命にて神戸方面の同僚・上司へ物資を届けましょうとなって、当時若造だった私も現地へ行きました。カセットコンロのガスと水とで結構重かったです。一般人が現場に入れる頃ですから、少々日時が経過してましたので甲子園まで電車、そこから芦屋まで徒歩にて向かいました。
現場を肉眼で見たことは自分にとって大事であったと思ってますが、私の赴いた当たりは物資はすでに流通し始めており、絶対的に不足していると言うわけでもなく、あげくに現地の方に車で甲子園まで運んで頂くというとんでもなくみっともないことをしてしまいました。現地の状況を確認せず、勢いで活動することは決して良いことではないと思いました。
今回は電力供給が一つの鍵になっておる認識があります。中部電力・関西電力とこちらから電気の供給が始まっております。それだからというのと今後どんな形にせよ消費電力は押さえていくことが生活の中で重要な課題であることは間違いないので、節電を強く意識して行こう、と言うのが私の「がんばって行こう」の一つです。
…作風なので落とし気味に描いちゃってますが、実際の所家の中って多量でばらばらの場所にコンセントやスイッチがありますからチェックしたつもりでも結構何カ所か忘れていることがうっかりモノの私には特に多いので、まずはそこから自分を戒めていこうという決意のマンガです(汗