2010/12/02

奪われた唇


ここまで間を開けてしまったので、ここは開き直って普通に。
皆様、2-3ネタ前から読み返してやって下さい。
旨い肉を食って、酒飲んで騒いですっかり酔っ払っておっさん達はリビングで雑魚寝しておりました。

こちらのお宅には小型犬が一匹、まぁまぁの年のこらしくおとなしいワンコでしたが…
まぁ酔っ払いですからかなり熟睡していたのですが、それはもうえげつない勢いで唇を攻められまくって、マジ目が覚めました。

それがまた寝返り打っても、打っても攻めてくるのでいったい何事かとやや怖くなってきたところ、突然襲撃は終了しました。
おそらく私の唇に付いていた何かを嘗めきったんでしょうなぁ…いったい何が俺の唇に付いていたんだろうか?