2010/09/29

輝ける牛ヘレ肉


三田編です。
お呼ばれの夜はモチロン飲み会でバーベキューな訳です。お迎えに来て頂いたその足でお肉屋さんに肉の買い出しに向かいました。おそらくは有名店らしいお肉屋さんへ(その根拠は広大な駐車場と、町外れのわりに人手が多かったこと)。京都で言うやまむら屋さんな感じのお肉屋さん。

三田と言えば三田牛ですからここは牛をたっぷりと味合わせて頂きたいところです。
なんだか、今回寄せて頂くお宅のオーナーさんから部位の注文がありまして「ヘレ肉」を買ってこいということで探したところ↑とんでもないモノを発見しちゃいました。100gで4桁いっっちゃてるお肉、それが「ヘレ肉」だったのです!

いやまぁご存じの方は当たり前でしょうが私不勉強なもので、ヘレ肉がどういう肉か知りませんでした。
ものの本によれば

”牛の全部位中、最も柔らかいと言われるのがヘレ(ヒレとも呼ぶ)部です。ヘレ肉は通常、一頭の牛から3%しかとれない貴重な部位とされています。このヘレ肉の霜降りも見事の一言に尽きます。柔らかい肉質と非常に上質な脂も見逃せません。”

ということですんげぇエエ肉なんですねぇ〜普段ハラミ・カルビ・ホルモンとかなんでわからんかったわぁ。いや、実際個人ではあのグラム単価はよう買いませんて、ホンマ。

味は…驚愕の絶品でした、値段知ってるから美味さ数倍!ってのもありますがホンマにウマかったぁ〜
次はいつ食えるのだろうか…