2010/09/22

九州フレンドリー


奥サマの病気も昨今数値的にも状態も良くなって、テニスも再開してみたところ全然しんどさが違うそうです。やはりバセドウ病の状態のしんどさは一桁違ったみたいですね。先ず何よりです。
奥サマの退院後の夏のある日に、東京の知人のお誘いで九州の知人が関西(神戸三田)に来訪されるのにジョインさせて頂きまして、一晩遊んで参りました。

九州の知人というのは、これも東京の知人の肝いりですが、
田熊山笠にてハメられてカかされたり(もう3年も前の話でしたか、リンクは一話ですが長い話です)
夏のある日にいきなり急襲されたり(もう2年も前の話でしたか、彼らの車をオーム号と呼んだのはこのとき)
その後で九州に家族旅行に行ったときも色々お世話になった皆様なんです。

ここ最近は仕事の流れも変わって九州にも東京にも行く時間もコストも無いのですっかりご無沙汰しておったのでお誘いを逃すわけにはいきません!勇んで神戸三田まではせ参じました。そちらに知り合いの方がいらっしゃってその方のお家で宴会と言うことで三田の駅に待ち合わせで御懐かしのオーム号と再会。前に変わらぬ笑顔で向かえて頂きました。っつか相変わらずここのキッズ達はオーバーフレンドリーで楽しすぎ。三人娘の次女と三女(長女は留守番でした)、前にあったときは半分くらいの小ささなほど幼かったはずやから覚えてるはずが無いんですが、人見知りしないのかずーっと登られたり張り付かれたり攻撃受けたりと退屈しない車中のお出迎えw。

意外に私は子どもウケのよいおっちゃんなのかもしれない。

ではまたしばらく三田編、おつきあい下さい。