2008/01/17

霧の朝(2)- ゆるゆる「24」


寒いですね。京都は雪でした。
今から初上京ですが、東京も雪とか。…やだなぁ。

ネタの方は濃霧編続きます。
この日は通勤にトータルで三時間以上かかりました。んで件の新快速に乗っていたのが二時間近くでしたかね。とにかく長かったです。
こんなに電車に閉じこめられたのはスペインの田舎で機関車壊れたとき以来です(この話はいずれまた)。

こういうとき車内アナウンスというのはイマイチですね。他の車両の状態とか予定時刻とか教えてくれないでひたすら「濃霧で遅れてスイマセン」ですから、一定時間過ぎるとかえって神経を逆なでするもんです。一時間くらい過ぎると車内の不安や不満感のゲージがグイグイ上がっていくのが肌で感じられます。

そのあたりになると風紀も乱れてきますね。座り込んだり(無理もない)優先座席で携帯描けまくってたり、大声で文句言ったりと。人の公私の境界線というのは結構短い時間で破られるもんやなと思いました。

そんな頃ですよ↑。
たたみかけるように事件発生!

見たこと無いけど「24」とかの海外連ドラってこんな感じでパタパタと事件が起きるんじゃないかと。
これでちょっと退屈が紛れましたねw

さて、2008年の東京に行きますか。
なんも変わってないやろうけどね。