2008/01/15

霧の朝(1)


早いもので今年ももう半月たちまして残すところわずか11.5ヶ月となりました。
この成人式の連休、那覇では今年もすごいことになってたようで、ニュースで国際通りの映像が流れておりましたがつい最近いったばかりなのでちょっと感慨深かったです。

この連休は風邪でダウンしておりました。家人が順番に倒れていき、私が殿をつとめたというわけです。ダウンしつつも奥サマと息子は泊まりで遠出してましたのでふらふらしながら娘を食わせて主夫にいそしみつつ療養するという事態に陥っておりました。

さてさて、先週の話ですが関西ではとんでもない濃霧が発生しました。ニュース見てると高槻あたりの空撮で待ちがすっぽり霧に包まれて高層ビルの上しか見えないというなんともファンタジーな光景が発生していました。地上では数百メートル先が見えないという、バミューダ海域かと言わんばかりの視界不良。こうなると最近安全に過敏になってるJ●さんはもうたまったもんじゃありません。遅れまくりです。

実はこの日、寝坊しまして20分ばかり出るのが遅れたのですが、電車がもっと遅れていたので結果的にはいつもの電車に乗って通勤できちゃったというオチ。まートータルには倍以上の時間がかかって、オフィスに着いたらすぐ昼休みでしたが。

というわけで濃霧の通勤風景から4本ほどお送りします。
私は営業でもないし、職務上そんなに時間に縛られる方ではないので出勤も雇用契約に基づいて定時出社をしてるというキャラなので電車遅れてもそんなに気にしないのですが、多くの方はもっとキッチリ働いておられるでしょうから結構大変そうでした。今は携帯があるのでさくっと連絡がついているようですが、昔なら公衆電話に行列なんでしょうねー。

大きな駅だと普通車に乗り換えるとか他の線に移るとかして急ぐ人は対応されるのでしょうが、J●京都線というのは異様に長い線(滋賀-京都-大阪-兵庫と一本で運行しているらしい)なので新快速だろうが快速だろうが普通だろうが遅れ出すと全車一蓮托生となるらしいです。だから結構おとなしく待つしかないんですね。

そうなると急ぐ人はイライラするんだろうと思いますが↑このオッチャンはびっくりするくらいうろたえてました。このオッチャンは今日、なんかすごい大事なことがあるのかと想像しましたね。